シミ・そばかす対策は一日一回の鏡から

シミとそばかすの違いって何でしょう?

■よく顔をみてますか?
顔って毎日見ているような気がしますがそこまでしっかりみれてません。
手が荒れたら気になりますよね。

 

それは一日中人間は、手をつかってする動作をしていることが多いからです。
けどそう考えれば顔だって、毎日使っているんです。

 

誰かに見られているってことを忘れてはいけないんです。
なのによくみてないうちにびっくりするぐらいにシミ・そばかすが増えていることが多くないですか?
シミ・そばかすってなんでこんなに増えてしまうんですしょう。しみとそばかすの違いってなんでしょう。

 

■シミとそばかすの違い
シミとそばかすって顔にできるもので同じものなんじゃないかなっておもってませんか?
実際に違いを聞かれたら・・シミが細かく顔に散ってるのがそばかす??
と言い方のちがいだけで同じものって思ってませんか?

 

@【シミ】は、二十代後半からよくみられるものでメラニン色素が肌に染み付いたもののことをいいます。
食べこぼしやペンのインクが洋服に染み付いたものもシミっていいますよね。
それがお肌に起こっているんです。

 

A【そばかす】は、比較的子供のころからみられます。
頬や目の周りなどにみられる薄茶色に点々・・となってる斑点状のもののことをいいます。

 

※根本的にシミとそばかすは、違うものなんです。
ただどちらも紫外線が大敵なのは一緒です。

紫外線に気をつけてもなんでシミ・そばかすができるの?

■シミそばかすってなんでできるの?
シミ・そばかすがどうしてできるのか知ることでこれからのケアも変ってきます。
もうシミ・そばかすがあるから、
いまさら何をしてもってあきらめる前にどうしてできてしまうのか原因をしって対策していきましょう。

 

@シミができる原因紫外線を浴びてしまうと肌を守ろうとする働きによってメラニン色素がでてくるんですが、
それを普通は新陳代謝(ターンオーバー)によって皮膚は再生されていくんですが、
加齢や不規則な生活によってその働きができなくなってきます。

 

そのために【シミ】として肌に残ってしまいます。

 

ストレスや睡眠不足によって、顔色が悪いってことはありませんか?

 

顔色が悪いのも新陳代謝やメラニン色素に影響されているからなんです。
女性特有の原因として生理前にはホルモンの関係で、基礎体温があがります。

 

ホルモンが沢山でることによってお肌の皮脂もいつも異常に分泌されるんです。
それによって、日焼けをしやすい状態になってしまいます。

 

いつも以上の日焼け対策が必要になります。

 

Aそばかすができる原因そばかすは、子供のころからできることが多いです。

 

これは遺伝的要素もありますが、この場合大人になるにつれて薄くなる場合が多いです。

 

ですが後天的に大人になってからできたものは、なかなか薄くなることはありません。
それどころか春から夏にかけて紫外線がきつくなる時期には、濃くなることもあります。

 

紫外線・ストレス・遺伝・ホルモンの関係で【そばかす】はできてくるのです。

季節は関係ない!!シミ・そばかすを防ぐには

■シミ・そばかすを防ぐために紫外線を季節問わずに対処しているのになんでできるんだろうって方もいると思います。
シミ・そばかすは薬をつけたからといってすぐになくなるものでもありません。
だからといってそのままでいいわけないですよね?

 

シミ・そばかすを防ぐには、日常の生活から大事になってきます。

 

保湿でシミ・そばかすを防止しようシミ・そばかすを防ぐこととお肌の保湿と意外にも関係ないっておもいませんか?

 

実は、肌の内部が乾燥してしまっているので、
肌の表面に水分が足りなくなるのを防ぐために皮脂を沢山だしてしまい、
お肌がインナードライ状態になってしまって、より日焼けをしやすい肌になってしまっているんです。

 

それを予防するには、保湿が必要になります。

 

肌に正しい保湿スキンケアをすることで肌をまもるバリア機能でお肌を外的刺激から守れるようになります。

 

化粧崩れがひどい方や日ごろから乾燥肌が気になる方は、特に肌に十分な水分を保つ必要があります。

 

それ以外にそばかすは顔だけにできるんではないんです。

 

肩や背中と日頃から見えにくい場所にできる場合があります。

 

普段みえないとろで自分でも自覚がなく肌を露出するような季節になって、指摘されるのは本当に悲しいですよね。

 

そんなそばかすは、シャンプーやトリートメントや整髪料が背中・肩について炎症を起こしてできることもあります。

 

入浴の際ですと、シャンプーやトリートメントをしてから、体を洗うなどちょっとした防止策をしていくことが必要です。

自分のシミ・そばかすの種類を知っておこう

■シミ・そばかすと簡単にいってますが、それぞれにいろんなものがあります。
自分のシミがどんなものなのか知っておくことが、スキンケアをすることに対して重要です。

 

@老人性色素斑
何十年とかけて紫外線を浴びていると、30代ぐらいから肌に蓄積されたメラニン色素が表面にあらわれてきます。

 

これは加齢も原因のひとつで起こりますが、きちんと紫外線ケアをしてないと若年層でもみられる場合があります。

 

Aそばかす
薄茶色の小さな斑点状で幼少期にあらわれて思春期には、薄くなることが多いんですが、これは遺伝のことが多いです。

 

大人になってできる場合もあります。

 

B肝斑(かんぱん)
シミの一種なんですが、治りにくいシミっていわれるものです。

 

30代40代から急にできたり、左右対称にできるのが特徴です。

 

CADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
20代ごろからあらわれるもので淡褐色〜紫褐色の色素斑です。
よく肝斑と間違われる場合が多いですが、治療方法が違ってきます。

 

小鼻や両頬に点状で広がるのが特徴です。

 

D炎症性色素沈着
肌への刺激(擦り傷・日焼け・やけど・かぶれ)などにより、
炎症を起こした皮膚にメラニン色素が沈着してできたものです。
よく傷の跡などに皮膚の色が濃くなるのはこれにあたります。

 

■すべてのシミ・そばかすの原因において、
紫外線や女性ホルモンやストレスや外的な刺激など日常生活にかかわることによってできることが多いんです。

 

紫外線を防ぐことだけでなく、規則正しい生活にもこころがけていくことが大事なんですね。

参照サイト

しみ、くすみが気になる方はこちらのサイトも参考になるかも知れません。
美白化粧水に関するサイトです。
美白化粧水選びのQ&Aが掲載されています。
美白ケアの方法も色々と紹介されていますよ。